「第12回食育推進全国大会 in おかやま」 出展報告

  • 2017年6月30日(金)・7月1日(土)の2日間、岡山コンベンションセンター/ジップアリーナ岡山で開催された「第12回食育推進全国大会 in おかやま」は、2日間で約21,200人の方にご来場いただき賑わいました。
  • 一般社団法人日本鰹節協会と当協会の共同出展ブースにおきましても、多くの方が訪れてくださいました。
  • 会員の皆様からご提供いただいた各社イチオシの商品を全削協ブースに展示いたしました。原料魚、削り方等バラエティー豊かなラインナップで、来場者の注目を集めました。
    また、地元企業である株式会社采女商店様と株式会社モリタ様にご協力いただき、原料節の展示と試食を行いました。ブース前には削りぶしの香りが広がり、多くの方がお立ち寄りくださいました。
    鰹節以外の原料節を初めて見たという来場者が殆どで、手に取って大きさ、形、色を確認しておりました。試食では削りぶしの種類により味や香りが違うことに感心し、「どの削りぶしも美味しい!」と試食コーナーは大変賑わい評判が高かったです。

  • 一般社団法人日本鰹節協会のブースでは、鰹節の削り体験を行いました。ハンドルをくるくる回すタイプの削り機なので、小さなお子様でも安全に体験していただき、削った削りぶしをお土産として差し上げ、喜んでいただけました。
  • イベント2日目にはクイズ大会(全2回)を開催し、勝ち抜いた方に削り機とカツオ節のセットを差し上げました。

    岡山市 中川様、 倉敷市 大野様 おめでとうございました。
  • 2団体共同でアンケートを実施し、2日間で合計800名にご協力いただきました。アンケート結果については、取りまとめが完了し次第、ホームページ及び情報誌にてお知らせいたします。